アメリ(映画)のフル動画を無料視聴!みどころや口コミは?

アメリ

日本でフランス映画といえば『アメリ』というほど、人気の映画。

このアメリの見どころについて解説していきます。

アメリ―はどんな女の子なのでしょうか?

幼いころ家に閉じこもり外の世界と設定がなかったアメリがちょっとしたきっかけで世界が開けていきます。

 

アメリの予告

 

アメリはどんな映画?

原題: Le Fabuleux Destin d’Amélie Poulain
公開年:2001年4月
上映時間:122分
監督:ジャン=ピエール・ジュネ
出演者:オドレイ・トトゥ、マチュー・カソヴィッツ等

 

パリ・モンマルトルが舞台。

アメリの映画でモンマルトルや舞台となったカフェ、そしてクレームブリュレが注目となりました。

日本人観光客がパリ観光と言えばモンマルトルを訪れるようになったのもこの映画の功績が大きいと言えるでしょう。

 

また、ジャン=ピエール・ジュネ監督らしいブラック・ユーモアや奇妙な人間像も特徴になっています。

実は、当初はアメリ役にエミリー・ワトソンを想定し、脚本が書かれていました。

しかし、妊娠を理由に降板したため、オドレイ・トトゥに役がまわってきたという裏話があります。

 

アメリの背景

アメリの実家はパリ市北部にあるという設定になっています。パリ市北部というのは伝統的に低所得者や移民の多い街にあたります。

パリの中もそして、パリの郊外にもお金持ちが住む地域と逆に低所得者が集まっている地域というのが存在しています。

 

映画の中で八百屋の店員を演じるジャメル・ドゥブーズは北アフリカ系出身の方です。

フランスは様々な国出身の方が集まっているので珍しいことではないです。

 

ほかにもアメリがパリ北駅で電車から降りたあと黒人に声をかけられるシーンもあります。

しかし、これでも黒人やアラブ系の人々がほとんど登場しておらず、偏ったフランス社会の描写であると『リベラシオン』誌に批判されました。

『リベラシオン』誌は、左派系新聞として有名です。

 

アメリのあらすじ

アメリの両親は、神経質な元教師の母親アマンディーヌと、冷淡な元軍医の父親ラファエル。

両親にあまりかまってもらえないアメリが両親と接触できる機会が父親による心臓の検査。

アメリは嬉しくて心臓が高揚してしまい、父親は心臓に病気があると判断してしまいます。

その結果、アメリは学校に行けず、自分の部屋に閉じこもる生活となってしまいます。

 

当然の結果として、アメリは周囲と満足なコミュニケーションがとれない不器用な少女になってしまいます。アメリの毎日はささやかな一人遊びと空想

そんなアメリに転機がやってきます。

ある日家の中で子供の宝物がたくさん入った小さな箱を発見。アメリは持ち主に小さな宝箱を返そうと聞き込み調査を開始します。

 

そして、ついに持ち主にたどり着きます。でも、不器用なアメリは直接返さず、間接的に宝箱を渡します。

持ち主が喜んでいる顔をこっそり見て、アメリの心が変わっていくのです

 

アメリはこのことで人と接する楽しさを覚えます。アメリがこの後しかけるいたずらとは?アメリについに恋?

そんなあらすじです。

 

アメリのみどころ

映画の導入と締めはフランス語ではリズム感あふれて数字を読むナレーションとなっています。

導入は何か始まるというわくわく感があります。

次から次へとしかけるアメリのいたずらと同様に全体的にリズミカルな構成

 

アメリは宝箱の持ち主を探すため、同名の人の家を訪ね回ります。

インターフォンを押すとどんな人が家からでてくるのか、一緒にドキドキとした気分が味わえるでしょう。

 

持ち主が見つかった後は、ターゲットに対し、こっそりといたずらをしかけていきます。そのまま親切に手渡しすればよいところを小細工をしかけるのがアメリ。

この小細工が毎回みどころです。

 

登場人物

<アメリ・プーラン>
空想好きの主人公。次から次へといたずらをしかけていきます。

<ニノ・カンカンポワ>
他人の証明写真を集めるのが趣味。アルバイト先は、遊園地のお化け屋敷。
アメリとの接点に注目です。

<マドレーヌ・ウォラス>
アメリが住むアパートの管理人。若い頃に亡くなった夫を今でも思い続けています。

<マダム・シュザンヌ>
アメリが働くカフェの女主人。

<ジョゼフ>
カフェの常連客。アメリの策略によりジョルジェットと恋におちます。

<ジーナ>
カフェで働くアメリの同僚。ジョゼフの元恋人。

<ジョルジェット>
勤務先はカフェのタバコ売り場。アメリの策略によりジョゼフと恋におちます。

<イポリト>
カフェの常連客。売れない小説家。

<コリニョン>
食料品店を経営。アメリがイタズラを仕掛けた人物。

<ドミニク・ブルトドー>
アメリが見つけた小箱の持ち主。

 

音楽

アメリで流れるピアノで弾いている音楽は「La Dispute」です。ヤン・ティルセンが手掛ける音楽です。

ヤン・ティルセン(Yann Pierre Tiersen)は、1970年6月23日生まれの音楽家、作曲家。

アメリの映画の中で流れ、すぐにリズムを覚えてしまうような印象的な音楽ですよね。ヤン・ティルセンは、アメリのこの曲で有名になりました。

 

部屋やインテリア

アメリの部屋は女の子らしい赤で統一されています。そしてたくさんの額が飾られているのも印象的です。

さらにアメリらしいのはたくさんの動物が部屋の中にいるところでしょう。
でも、その動物たちもかわいらしく飾られています。

 

フランス人は色を統一するのが上手なのですが、アメリの部屋がまさに代表的と言えるでしょう。

絵なども部屋にあわせ芸術的に飾っているフランス人も多いです。

 

大きな優雅なベットが似合う広い部屋に住むアメリ。パリの中心部であるモンマルトルにこんな大きな部屋で住めるアメリはかなり恵まれている人といえるでしょう。

アメリの素敵な部屋を見るだけでも楽しくなる映画です。

 

クレームブリュレ

アメリの好きなことはクレーム・ブリュレのカリカリの焼き目をスプーンで壊すことなのです。

アメリの映画でクレーム・ブリュレが一躍人気となりました。

クレームブリュレはフランス語でCrème brûléeと書かれ、意味は、「焦がしたクリーム」となります。

 

ラメキンの皿に卵液を流し込んで調理し、カスタードに固まらせます。そのカスタードの上面に、砂糖をふりかけます。

さらに、グリルやバーナーで焦がし、硬くパリパリに焦がしたカラメルの層が乗っている状態にします。

そして、器のまま冷して提供されるのが一般的です。バニラの香り漂う濃厚なクリームが特徴です。

 

フランソワ・マシアロ(François Massialot)の1691年の料理書にレシピが初めて登場しました。とても歴史のあるデザートであることがわかりますね。

 

ファッション

まず、アメリと言えば、特徴的な髪型。前髪は、かなり短く切り詰めています。

そして、襟足は、首筋が全部でるくらいばっさり切っています。

まるでまっすぐなラインが強調されるかのように、そろえて切っているのが特徴です。

 

アメリはこっそりいたずらをしかけるため、色々と変装しています。その1つがスカーフを頭に巻き付けている姿のシーン。

変装というほど変わっていないですが、アクセントになってお洒落です。

さらに、アメリのお洋服は、赤やグリーン等色も素敵です。鮮やかな色のワンピースでかわいらしいアメリ。

アメリのように色鮮やかなドレスで着飾ってお出かけするのも楽しいでしょう。

アメリのファッションを楽しめるのもこの映画の魅力の1つです。

 

アメリの口コミ


アメリがすっごい不思議ちゃんすぎる。雰囲気がおしゃれで一つの絵を見てるみたいだった。最後はしっかりストーリー性があってあったかい系の映画でした。 感想書きにくい、、笑笑

全くフランス映画を観たことがなかったので、前々から気になっていたコレを観てみました、大正解です。 オシャレで可愛くて、映像と音楽も相まって、じ~んわり幸せ~な気分になれる、素敵な映画でした。 トラブルが少ないので安心して観れるのも、いいポイントかな。

アメリは、面白いとか感動とかそういったものよりかは、楽しいって感想が先行していく映画かな。 観る人に幸福を与えるような、そんな感じの。

アメリの感想

アメリは、次から次へと色々なことを仕掛けるアメリと一般的なフランス人の対比が面白い映画。一般的なフランス人は日常生活は地味です

例えば、映画ででてくるのは、カフェに毎日通うフランス人、毎週鳥を買って料理するフランス人、家に閉じこもって絵を描くフランス人等。

そんなフランス人の素顔が見れる映画ともいえると思います。

 

アメリは自身はあまり幸せでない育ち方でしたが、1つの出来事がきっかけで他人を幸せにすることに目覚めます。

かわいくて、周りを幸せにしていくアメリ。しかもそのやり方が、こっそりというのがかわいらしいアメリらしいです。

陽と陰がちりばめられた映画と言えると思います。

一般的なフランス人の日常の実態を見たい方にお勧めです。そして、アメリと一緒に回りを幸せにしながら、かわいい小冒険をしてみたい方にもお勧めです。

 

アメリのフル動画(字幕)を無料で見る方法

アメリはHuluで視聴することができます。

Huluは2週間の無料お試し期間がありますので、気軽にお試しできるのがいいところ。

継続は月額933円(税抜)で様々な見放題です。

ぜひ一度アメリの素敵な世界をのぞいてみてください。

 

 

まとめ

日本で大人気のアメリ。

かわいいファッションのアメリが次から次へと仕掛けるかわいいいたずら。

バックの楽しいミュージックやリズミカルなナレータとともにアメリと一緒に冒険ができる映画。

アメリと一緒にいたずらのドキドキを味わうことができます。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。